極東基礎研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ながら1995年の円高劇を振り返ってみました

<<   作成日時 : 2009/11/27 13:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回のエントリの続きで。

さて、今朝はシドニーで1ドル85円を割り込むような事態が生じたので、かつて急激な円高が生じたのは1995年を振り返って、今後について考えてみたいと思います。


95年の円高のクライマックスは、4月19日にドル=80円を割り込んだ時でしょうか。そのときの状況を1995年1月からの相場の推移からみると、3月初頭ごろから1日で50銭〜1円以上もの大幅な変動が頻繁にみられるようになっており、そこから1カ月強で大幅な円高が進行して80円を割り込むような状況になっています。

画像


その後、1995年7月に米国がドル高政策に転じたことで、円高基調から脱しています。

さて今回はどうなるのでしょうか。介入・金融政策の変更(一層の緩和)などの対策が求められています。

今回のネタもと:
グーグルタイムライン

→時間軸を設定して検索が可能です。というか、今日になって初めて知りました(w

Exchange Rate Report Wizard
→日銀に古いデータがないので、こっちのデータを使用しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフレ目標2%を断行せよ
まよねーず工場
今更ながら1995年の円高劇を振り返ってみました 極東基礎研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる