極東基礎研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS テロ特措法を巡る政争の雑感

<<   作成日時 : 2007/10/22 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正直「国益」よりも「党益(特に野党)」が優先されている感があります。私がそう感じる背景としては、「何が国益の実現にかなうか」という視点が議論からすっぽり抜けているようにみえるためです。

確かに制度上の不備(給油のデータ改ざんetc.)は正されるべきでしょう。しかし、それを政争の具にして、党益(ようするに「国民に対する“仕事をしている”というアピール」)を追求するのはいかがなものかと。

反対するならするで、「何が国益に結びつくから反対」という視点を持って欲しいものだと思います。

以上チラシの裏ですた(w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフレ目標2%を断行せよ
まよねーず工場
テロ特措法を巡る政争の雑感 極東基礎研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる