ジェイコム(2462)誤発注-とりあえずケリはつきましたが

日経の記事によると1株当たり91万2000円で解け合い価格が決定したようです。

底値で売った人がいることを考えると、みずほが大幅な損を被る解け合いよりも、当日の取引をなかったことにして仕切りなおした方がよかったのかな、と正直思います。
(特に東証の責任論が出てきた以上、早めに取引をなかったことにするという手を打っておけば東証の損失も必要最低限に抑えられてきたかと)

参考までにみずほ証券が被る損失を(前出の日経記事より)。
 みずほ証券が買い戻さなければいけないジェイコム株は10万株弱残っている。みずほ証券の損失額はすでに買い戻した分で発生した損失も含め8日時点で約270億円だったが、決済価格が91万2000円に決まったことで、400億円程度にまで膨らむ見通し。


21:34追加:時事通信によれば、現金での強制決済は1950年以来55年ぶりとのことです。

今回、いくつか問題が出てきていますが、次回のエントリでまとめて(できれば)解説してみたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック