株取引で失敗するとき

ここ最近、地合が良いのに、豪快に負けています(涙)

初心に帰るべく、失敗の原因を考えてみました。

1 ポジションがやたらと大きい。そのため、損がやたらと膨らみ、底で損ぎりしたり、損ぎり自体を躊躇う→大損

2 説明つかない理由で、新規のポジションを取る
→新規公開銘柄の衝動買いなど。買い時かどうか判断が甘いので、高値掴みする傾向があります。

3 変な理由・説明つかない理由でポジション調整をしている
→余力捻出など。投げたポジションが騰がること多数。

4 利確、損ぎりラインがない、または希望的観測
→ずるずる持ち続けた挙げ句、大損

5 ナンピン
大きく負けている状況では、「もう下がらないだろう」と思い、冷静に買い時を判断できない場合があります。
何度痛い目にあったことやら…

6 板に振り回される
デイトレやりはじめてから出てきた失敗なのですが、板が薄い時や、上値が重い時についつい狼狽売りをしてしまうことが…


とりあえず、思いついた範囲でピックアップしてみました。

この記事へのコメント

o-miya
2005年12月04日 20:56
12月なので、逆日歩狙いで優待銘柄の信用買は如何か。
2005年12月12日 21:15
>o-miya氏
コーエーでやろうとしたのですが、油断しているうちに騰がってしまいますた(涙

この記事へのトラックバック