極東基礎研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 【薄型ディスプレイシリーズ】キヤノン、NEC傘下の2企業買収(続き)

<<   作成日時 : 2005/08/28 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

前回の記事→【薄型ディスプレイシリーズ】キヤノン、NEC傘下の2企業買収

NECが今回傘下の2企業を売却した経緯について考えてみたいと思います。

まず、近年のNECは「ソリューションビジネスの強化」と「脱半導体・電子部品」が大きなテーマになっている観があります。

ソリューションビジネスの強化、という線ではNECソフトウェアの100%子会社化に代表されるように、分散していた資源を集中しようとしている傾向があります。

脱半導体・電子部品、でいうと「DRAMの切り離し→エルピーダ発足」「NECエレクトロニクスの発足」「PDP部門をパイオニアに売却」がここ数年の象徴的な出来事のように思えます。

インテルのように、絶対的なシェア・存在感があるのであればともかく、半導体などの電子部品はどうしても需要の波があり、収益も大きくぶれやすい傾向があります。

携帯やネットワーク事業と関わりが強い部分(主にNECエレクトロニクス)はともかく、それ以外の部分については収益への影響が大きい割りには、相乗効果があまり見込めないため、外部へ切り離すことで資源の集中・収益の安定が図れるようになるわけですね。


古いリリースではありますが、ここ数年のNECの動きをまとめたものがありました。

NECグループの事業再編について〜経営改革 第2フェーズへ〜

まず、上記のリリースで目に付くのは・・・
1.半導体でもソリューションビジネス(携帯・ネットワークなど)と関わりの強い分野についてはNECエレクトロニクスに残す

2.あまり関わりが強くない分野(PDPなど)については、出資比率を落とす・他社に売却

3.その上で、事業の主体をソリューションビジネスに集中することを目指す

事実、ここ数年のNECは上記の戦略に基づいて行動しています。

例:
グループ企業の東洋通信機の水晶関連事業をエプソンに譲渡
本体から切り離したPDP製造会社をパイオニアに譲渡
ヒューレット・パッカードとのアウトソーシング分野での提携


今回の売却についても、比較的本業との関わりが薄い上、外部に売却した方が子会社の収益拡大につながる、という判断から行われたのではないでしょうか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キヤノンがSED製造装置を内製へ、NEC傘下のアネルバを買収
キヤノンがSED製造装置を内製へ、NEC傘下のアネルバを買収 キヤノンは2005年8月25日、NECの子会社で液晶パネルや半導体などの製造装置を手掛けるアネルバを子会社化すると発表した。同社が東芝と共同で開発するSED(サーフェース・コンダクション・エレクトロン・エミッタ・.. ...続きを見る
テクノロジーとマネジメントの狭間に
2005/09/03 21:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
F2を目指す?


http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20050826STXKF007626082005.html
寝た方が良い。
o-miya
2005/08/28 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフレ目標2%を断行せよ
まよねーず工場
【薄型ディスプレイシリーズ】キヤノン、NEC傘下の2企業買収(続き) 極東基礎研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる