極東基礎研究所

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士通、プラズマから撤退(その2)

<<   作成日時 : 2005/02/05 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

前回の記事はこちら。

撤退が確定したようなので、富士通の薄型ディスプレー戦略について考察。
※撤退といっても、日立との共同会社については、持分の一部を持ち続けるので、厳密には「縮小」というべきかも。

「富士通」と「薄型ディスプレー」で検索をかけたところ、こんな検索結果がでました。

一番トップに来たのが「100インチ超」のプラズマディスプレー(厳密には違う)が製造可能になる、という記事。

1999年にはある程度の見通しを立てていたみたいです。

おそらく、PDP(プラズマディスプレイ・パネル)のシェアトップだった富士通としては、資本提携先の日立で拡販させて、よりパネルの供給量を増やそうという計画であったかと。

で、誤算となっているのは、市場が以外と広がっていないこと。↑の予測では、2003年の市場が300万台となっていますが、パイオニアの資料によれば、2004年3月の時点で122万台(2003年時点での予測)とあります。

その一方で、LCDが思ったより大画面化に成功し(で、シャープの業績が好調)、かつ国内ではパイオニアや松下のシェアが大幅に伸び(日立が思惑より伸びていない)、海外でもサムスン電子やLGなどの韓国・台湾勢がシェアを伸ばした、というのが1999年以降の誤算のもとでしょうね。

PDP業界で見ても、ソニー(自前ではパネル製造せず)やNEC(パイオニアに譲渡)が撤退するなど、そろそろ勝負がつきそうな展開です。

参考リンク
テクノタイムズ社:ディスプレイ・ハヤ読みNews・・・専門誌が提供するニュース一覧
Hanover Cafe - Business News Blog:
高性能プラズマテレビで巻き返しか−パイオニア

「PDP」の関連ニュース

下のチャートをクリックして投票お願いします。
カブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【薄型ディスプレイシリーズ】SEDについて
世の中、「SMBCと大和の経営統合」でちょっとした騒ぎになっていますが、ここはあえて違うテーマで(w ...続きを見る
とーますカブ不定記〜思いついたら更新@W...
2005/02/10 22:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
インフレ目標2%を断行せよ
まよねーず工場
富士通、プラズマから撤退(その2) 極東基礎研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる